mejiro-mcqueen.com navigation button
Close

mejiro-mcqueen.comWish on the Turf

メジロマックイーン関連出走馬

[結果更新] マトゥラー2番仔、アラハバードが初陣。今週のマックファミリー出走馬[10/15, 16]


10/15 開催R 馬名 レース名 距離 騎手 人気 着順
京都5R メイショウヒボタン 2歳新馬 1200T 鮫島 良太 9 8
新潟2R ポッドティノ 2歳未勝利 1800D 長岡 禎仁 5 4
10/16 開催R 馬名 レース名 距離 騎手 人気 着順
東京4R アラハバード 2歳新馬 1800T 松田 大作 4 3
東京7R フリームーヴメント 3歳上500万 1400D 松田 大作 9 10
東京11R リヤンドファミユ アイルランドT(OP) 2000T 松田 大作 13 14
東京12R ニシノジャーニー 神奈川新聞杯(1000万) 1400T 田辺 裕信 5 13
新潟2R ウインガナドル 2歳未勝利 2000T 津村 明秀 1 1
新潟12R スマートシモーヌ 鳥屋野特別(500万) 1200T 津村 明秀 17 16

レース後評

ウインガナドルが2歳レコードで初勝利をあげた(記事)。末脚の決めて勝負だと分が悪いが、今日のように自分で競馬を作っていくと強みが出てきそうなタイプ。今後が楽しみになってきた。
デビュー戦のアラハバードは3着。420キロ台の小柄な馬で、ややイメージしていたものとは違ったが、レースでは2、3番手から直線で一旦は先頭に立ち、並ばれてからもしぶとく粘る好内容の競馬を見せてくれた。追ってからの脚も確かなものがあるし、初勝利は近いだろう。
期待の復帰戦だったニシノジャーニーは、見せ場すら作れず厳しい大敗。ここからどうやって立て直していくか、陣営の手腕が問われる。

レース前短評

マトゥラーの2番仔、アラハバードが東京でデビューする。初子のラーダーは、未勝利のまま現役を引退してしまったが、父がハービンジャーからキングカメハメハに変わり、期待感は増す。
日曜日の新潟ではウインガナドルが初勝利を狙う。決め手や切れ味には欠けているところがあるものの、デビューから3戦、しぶとい伸び脚で掲示板を外していない。現2歳世代は、ドリームジャーニー産駒も含めてマックファミリーがらみで白星を掴めていないので、そろそろ。
同じく日曜日には東京でニシノジャーニーがおよそ11ヵ月ぶりに実戦復帰する。大きな怪我さえなければ... と思わせる好素材。どんな競馬を見せてくれるか。
[2016 10/16]

Top page 出走馬一覧 2016年の出走馬一覧