mejiro-mcqueen.com navigation button
Close

The tale of Mejiro McQueen

メジロマックイーン物語『栄光と挫折は紙一重』 - 最終章 「栄光と挫折は紙一重」

 いるべくはずの主役の姿がないままに、天皇賞秋の公演は終了した。名優は、やり残したはずの舞台に立つことさえ許されなかった。

 1993年11月21日。
 舞台の主役を務めるはずだった男たちは、津々と冷たい雨の降る京都競馬場に招かれていた。ここ数年、名優を陰から演出し続けてきた杉本アナウンサーの声が場内に響き渡る。
「さぁ我らが名優メジロマックイーン、最後の勇姿であります」

 マックイーンと武豊は最後の挫折を唐突に与えられた。順調に終えたはずの天皇賞最終追い切りで、マックイーンは『左前脚繋靭帯炎』を発症したのだ。
 第一報を聞きつけ集まった報道陣の前で、武豊は力なく一言漏らした。
「栄光と挫折は紙一重ですから……」

 最後の別れを惜しむファンの声援を受けながら、栄光を浴び続けた淀の舞台で武豊は胸を張った。
「……思い出はたくさんあるけど、やはり2度の勝った天皇賞と、そして府中、残念ながら府中で降着になった天皇賞というのは僕は一生、忘れることの出来ないレースだと思っています。こんなに素晴らしい馬に出会えて、僕は本当に幸せでした。本当に長い間応援していただき、ありがとうございました」
 栄光と挫折が入り混じったマックイーンの物語は、こうして最後に「挫折」の二文字を刻み込み幕を閉じた。

 人生は挫折と失意の方が多いのかもしれない。でもそれら全てが己の物語の大事な1ページなのではないだろうか。
 マックイーンも挫折の数だけドラマチックな栄光が待っていた。
 そしてあの時、あの天皇賞秋での出来事は、マックイーンの現役物語の厚みを増やすことに大きく貢献した。そして伸びたページの数だけ多くの人と悲しみや喜びを共有できた。そう考えればあの日の大きな挫折も、マックイーンと武豊を彩った素敵なエピソードだったように思えてくる。

 残念ながらマックイーンと武豊には秋の天皇賞にリベンジする機会を与えられなかった。だがこの失意が、マックイーンの子供達へと紡がれる新しい物語のプロローグになっていくはずだ。
 だからぼくはこう思う。きっと人生において無駄な物なんて何一つもないと。
 そしてぼくは信じている。
 重なっていく失意の数だけ、栄光に近づいているものだと。

 栄光と挫折は紙一重。
 いや挫折と失意の先にしか栄光はないのだから……。

 メジロマックイーン 1987年4月3日生
 通算成績21戦12勝。うち重賞9勝(GⅠ4勝、GⅡ5勝)
 通算獲得賞金額1,014,657,700円(当時、史上最高)
 1994年、21頭目の顕彰馬選出

第十一章 「最後の舞台」

最終章 「栄光と挫折は紙一重」

エピローグ 「4月3日」

Top page The tale of Mejiro McQueen