mejiro-mcqueen.com navigation button
Close

mejiro-mcqueen.comWish on the Turf

メジロマックイーン関連出走馬

[結果更新] 6週連続勝利へ。まずはネルとヤマトワイルド、従兄弟で白星狙う。今週のマックファミリー出走馬[8/19, 20]


8/19 開催R 馬名 レース名 距離 騎手 人気 着順
新潟8R ヤマトワイルド 3歳上500万 1800D 柴山 雄一 5 7
新潟11R トレジャーマップ 日本海S(1600万) 2200T 丸田 恭介 6 3
小倉7R シゲルキツネ 3歳未勝利 1200T 加藤 祥太 8 10
札幌1R ネル 2歳未勝利 1800T 内田 博幸 2 2
札幌1R ラベンデュラン 2歳未勝利 1800T 勝浦 正樹 5 6
8/20 開催R 馬名 レース名 距離 騎手 人気 着順
新潟1R アースフライト 2歳未勝利 1400T 石橋 脩 5 3
新潟5R マイキャラット 2歳新馬 1600T 柴田 善臣 3 7
新潟5R ラッキーライラック 2歳新馬 1600T 石橋 脩 2 1
新潟6R ピンクスパイダー 3歳未勝利 2400T 吉田 豊 9 4
小倉4R メイショウヒボタン 3歳未勝利 1000D 義 英真 1 3
小倉5R レゲンダアウレア 2歳新馬 1800T 松山 弘平 5 1
札幌5R アルドーレ 2歳新馬 1800T 横山 典弘 4 7
札幌6R レーヴドミカ 3歳上500万 1000D 藤岡 佑介 7 7
札幌8R コマノレジーナ 3歳上500万 2000T 四位 洋文 11 13
札幌9R リープフラウミルヒ クローバー賞(OP) 1500T 丹内 祐次 2 5

レース後評

オルフェーヴル産駒のレゲンダアウレアと、ラッキーライラックがデビュー戦を勝利で飾った(記事)。どちらもいい勝ち方だったが、特にラッキーライラックは来春の活躍を十二分に予感させる素晴らしい脚だった。これから続々と出てくるオルフェっ仔への期待感も更に高まる。
マックファミリー6週連続勝利へ、先陣を切ったネルは惜しくも2着。中団から直線でいい脚を使ったが、4コーナーで捌き切れず、直線入り口でも他馬とぶつかるなど、ちょっと雑な競馬で残念だった。
日曜日に出走したメイショウヒボタンは3着。中団からいい脚を見せてくれたが、あと一息届かず。ラストチャンスにかけるこになりそう。
オープン挑戦だったリープフラウミルヒは5着。2、3番手から4角先頭も、序盤少し掛かった分だけ粘りきれなかった。いい素質を持っている馬だし、もう少し大事に使ってほしいが......。

レース前短評

6週連続勝利がかかるマックファミリーは、まずネルが札幌1R で先陣を切る。デビュー戦は後方からなかなかいい脚を使ってくれた。鞍上を内田博幸騎手に強化し、2戦目での初勝利を狙う。
新潟ではヤマトワイルドが3月以来の復帰戦を迎える。祖母がタイムフェアレディで、ネルとは従兄弟という間柄になるが、こちらも素質は十分に感じる馬。まだキャリアも浅く、これからの成長次第では大きなタイトルにも手が届きそうで、復帰戦を期待せずにはいられない。
後がなくなってきた3歳未勝利勢では、メイショウヒボタンがそろそろチャンスを掴みたい頃。ダートの短距離戦では安定して走っている。ちょっとした運の巡り合わせて勝利が転がり込んでくる場所にいるので、しっかりと走って欲しい。
札幌ではリープフラウミルヒがオープン特別に挑む。一息入れることなく連戦に出るとは、さすがラフィアン、甘くない。姉のようにいい素材が壊れなければいいなと思うが、キャリアの豊富さは大きな武器で、素質的にも引けはとらないのではないか。楽しみな一戦。
だんだんと出走頭数が増えてきたオルフェーヴル産駒は、今週も数多く新馬にスタンバイ。大きい競馬場が似合いそうな雰囲気なので、新潟勢に少し注目している。
[2017 08/20]

Top page 出走馬一覧 2017年の出走馬一覧