mejiro-mcqueen.com navigation button
Close

mejiro-mcqueen.comWish on the Turf

メジロマックイーン関連出走馬

[結果更新] シスターフラッグ、ラッキーライラック、アクート、アオイサンシャイン…固め勝ちの予感!? 今週のマックファミリー出走馬[10/28, 29]


10/28 開催R 馬名 レース名 距離 騎手 人気 着順
東京2R アーバンブラック 2歳未勝利 1600T 石橋 脩 11 13
東京3R ケイアイスープラ 2歳未勝利 2000T 吉田 豊 5 9
東京3R ロゼフェニックス 2歳未勝利 2000T 武藤 雅 6 6
東京5R オースオブゴールド 2歳新馬 1600T V. シュミノー 3 4
東京5R ボードウォーク 2歳新馬 1600T 中谷 雄太 8 9
東京7R アオイサンシャイン 3歳上500万 1400D 内田 博幸 1 1
東京11R シスターフラッグ アルテミススS(GIII) 1600T 北村 宏司 7 12
東京11R ラッキーライラック アルテミススS(GIII) 1600T 石橋 脩 2 1
京都2R ムーンライトクーラ 2歳未勝利 1400T 松若 風馬 9 7
京都3R ゴールドフラッグ 2歳未勝利 2000T 北村 友一 2 5
京都5R プリメラビスタ 2歳新馬 1800T 池添 謙一 2 8
京都10R アクート 八坂S(1600万) 1800T M. デムーロ 1 2
新潟3R レーヴドミカ 3歳上500万 1200D 坂井 瑠星 12 12
新潟9R リュミエールドール 3歳上500万 1800D 丸山 元気 2 3
新潟10R ヴァンベールシチー 岩船特別(500万) 2200T 菱田 裕二 10 6
新潟10R ピンクスパイダー 岩船特別(500万) 2200T 木幡 巧也 11 11
10/29 開催R 馬名 レース名 距離 騎手 人気 着順
東京3R ジョブックコメン 2歳未勝利 1600T 吉田 豊 5 3
東京3R モルフェオルフェ 2歳未勝利 1600T 北村 宏司 3 2
東京5R コログレッツォ 2歳新馬 1800T 内田 博幸 8 7
東京8R モアニケアラ 河口湖特別(1000万) 1400D A. シュタルケ 12 14
東京9R ニシノジャーニー 精進湖特別(1000万) 2000T 和田 竜二 11 5
京都5R ソルフェージュ 2歳新馬 1600T 四位 洋文 7 13
京都12R アドマイヤツヨシ 3歳上1000万 1400T 川須 栄彦 13 13
新潟5R ヴァイザッハ 2歳新馬 1600T 富田 暁 11 13
新潟5R ゴールドパッキャオ 2歳新馬 1600T 吉田 隼人 1 7
新潟5R ホーカスポーカス 2歳新馬 1600T 丸山 元気 8 2
新潟12R アルスフェルト 柏崎特別(500万) 1600T 丸田 恭介 10 13

レース後評

アルテミスS(GIII)に出走したラッキーライラックが、力強い走りで重賞初制覇を飾った(記事)。鞍上の評価も高いが、とんでもない素質を秘めていそうで、これからが楽しみになってきた。
同じ土曜日にはアオイサンシャインもようやく2勝目をゲットした(記事)。ここまでなかなか勝ちきれなかったのでホッとしたが、欲を言えばもう少し楽に勝ってほしかったなという気持ちも。
3連勝の期待がかかったアクートは2着に。道中はいつもより前目につけると、4角では一旦後退気味だったが、直線に入ってまた盛り返してきた。今日は切れ味を削がれる馬場だったし、次走も期待が持てる内容だった。
膠着気味のスタートで後方追走となったリュミエールドールは、4角でも大外の大外、ど大外で直線だけで3着にまで差を詰めてきた。物凄く雑な競馬だったが、力は見せてくれたし、次に決めてほしい。

レース前短評

オルフェーヴル産駒のおかげで、最近は頭数が揃っているが、今週は質もかなり高い。
土曜日の2歳牝馬重賞、アルテミスS(GIII)には、曾孫のシスターフラッグとオルフェーヴル産駒のラッキーライラックがスタンバイ。どちらもスケールの大きな走りが魅力で、ここは要注目だろう。
同じ日に東京で出走するアオイサンシャインは、もういい加減何とかしてもらいたいところ。4ヶ月ぶりの競馬とはなるが、決めたい。
京都では2連勝中のアクートが3連勝を狙う。もともといい末脚を持っていたが、最近はキレに磨きがかかってきた。ここを突破すると暮れから来年が楽しみになってくる。
新潟ではリュミエールドール、ヴァンベールシチーが勝利を虎視眈々と伺う位置にいる。
オルフェーヴル産駒では、もちろん重賞の馬は気になるが、今週は何と言ってもビワハイジの仔、プリメラビスタだろう。母が高齢の時の子供だけに、過度の期待はかわいそうかもしれないが、それでもやはり楽しみはある。どんな脚を見せてくれるだろうか。
[2017 10/29]

Top page 出走馬一覧 2017年の出走馬一覧