mejiro-mcqueen.com navigation button
Close

mejiro-mcqueen.comWish on the Turf

メジロマックイーン関連出走馬

[結果更新] 2歳女王、ラッキーライラックが始動。今週のマックファミリー出走馬[3/3, 4]


3/3
開催R 馬名 レース名 距離 騎手 人気 着順
中山2R ノーザンクリス 3歳未勝利 1800D 内田 博幸 3 2
中山5R アマイロ 3歳未勝利 1600T 和田 竜二 7 5
阪神1R グアン 3歳未勝利 1800D 武 豊 1 1
阪神1R レーヌアグリュム 3歳未勝利 1800D 荻野 極 7 8
阪神6R オテンバキッズ 3歳未勝利 1800T 西村 淳也 7 6
阪神9R ワンスインアライフ 千里山特別(1000万) 2000T 石橋 脩 9 7
阪神11R ラッキーライラック チューリップ賞(GII) 1600T 石橋 脩 1 1
小倉1R ホーカスポーカス 3歳未勝利 1000D 藤田 菜七子 5 6
小倉1R ライクアジャーニー 3歳未勝利 1000D 小崎 綾也 3 1
小倉2R メイショウガッテン 3歳未勝利 1700D 富田 暁 2 14
小倉4R ショウナンバリウス 3歳未勝利 2000T 丸田 恭介 11 5
小倉9R フリームーヴメント 4歳上500万 1200T 丸田 恭介 6 9
小倉10R ディスピュート 呼子特別(500万) 2600T 川須 栄彦 12 5
小倉12R ヤマニンリュウセイ 唐戸特別(500万) 1800T 丸山 元気 3 2
3/4
開催R 馬名 レース名 距離 騎手 人気 着順
中山1R グラーヌス 3歳未勝利 1800D 田辺 裕信 3 10
中山3R アースグロウ 3歳新馬 1800D 石橋 脩 9 11
中山5R サヴォアフェール 3歳未勝利 1800T 田中 勝春 13 15
中山5R トーセンニケ 3歳未勝利 1800T 津村 明秀 7 9
中山5R ラブラブラブ 3歳未勝利 1800T 松岡 正海 4 1
中山6R リノワールド 3歳500万 1600T 石橋 脩 10 6
中山7R トモジャポルックス 4歳上500万 1200D 藤岡 佑介 10 7
中山11R アラウン 弥生賞(GII) 2000T F. ミナリク 10 8
阪神2R ヒルノコルドバ 3歳未勝利 1200D 酒井 学 12 7
阪神5R ノーブルジャーニー 3歳未勝利 1600T 高倉 稜 11 15
阪神5R プリメラビスタ 3歳未勝利 1600T 岩田 康誠 7 7
阪神6R ストーミーバローズ 3歳500万 1800D 北村 友一 3 2
阪神6R ミラクルブラッド 3歳500万 1800D 岩田 康誠 4 5
小倉3R ウインタリエンテ 3歳未勝利 2000T 菱田 裕二 12 5
小倉5R マハヴィル 3歳未勝利 1800T 松山 弘平 7 1
小倉7R フェルクレール 4歳上500万 1200T 横山 武史 13 6
小倉9R ルクレツィア 4歳上500万 1700D 西田 雄一郎 12 14
小倉10R トゥラヴェスーラ 萌黄賞(500万) 1200T 義 英真 6 2

レース後評

ラッキーライラックが2歳女王の貫禄を見せつけ今季初戦をあっさり突破(記事1)。競馬に絶対はないが、もう2冠は手にしたような気さえする。あとは無事に行ってくれれば。
土曜日、何と言っても注目を集めたのが阪神1R のグアン(記事2)。「持っている」という言葉以外が見つからないほど、出来すぎな話だが、この兄弟の前には競馬の神様もお手上げなのだろう。これから先幾度となく見ることになるであろう歴史の最初の扉を開けて、素直に嬉しい。
オルフェーヴル産駒は日曜日にもラブラブラが勝利(記事3)。ここにきて成長力を見せてくるあたりは、さすがステイゴールドの一族。これからまだまだ勝利の報が届きそう。
一方のファミリーは、マハヴィルが既走馬たちを相手にデビュー戦を勝利で飾ってくれた(記事4)。マトゥラーの仔はどうかなぁ?と少し疑問に持っていたが、どうやらそれも杞憂に終わりそう。次走以降も注目したい。

レース前短評

昨年、圧倒的なスケール感で2歳女王に輝いたラッキーライラックが、いつの間にかGII に格上げしていたチューリップ賞で復帰する。血統的にも早熟タイプとは思えず、さらに成長した姿を見せてくれるはず。
中山ではノーザンクリスが未勝利脱出を目指す。ダート戦も3度めで、そろそろ結果を出したい。
今週一番の注目を集めるかもしれないのが、土曜日の阪神で出走するグアンかもしれない。ついに実現した武豊×武幸四郎。弟の幸四郎が初勝利を重賞のオースミタイクーンで決めてしまったかと思えば、数分後に兄のユタカが弥生賞のランニングゲイルで鮮やかな手綱さばきを披露。まだそんな遠い昔ではなかったように感じるが、時はこうして確実に刻まれている。いろいろな意味で楽しみだ。
[2018 03/04]

Top page 出走馬一覧 2018年の出走馬一覧