mejiro-mcqueen.com navigation button
Close

mejiro-mcqueen.comWish on the Turf

メジロマックイーン関連出走馬

[結果更新] ラッキーライラックがまずは1冠獲りへ。今週のメジロマックイーン・ファミリー出走馬[4/7, 8]


メジロマックイーン・ファミリー出走馬

4/7
開催R 馬名 レース名 距離 騎手 人気 着順
中山3R ルリエフ 3歳未勝利 1200D 武藤 雅 7 4
福島8R ショウナンバリウス 3歳未勝利 2600T 丸田 恭介 3 8
4/8
開催R 馬名 レース名 距離 騎手 人気 着順
中山9R リープフラウミルヒ デイジー賞(500万) 1800T 柴田 大知 6 9
中山12R トモジャポルックス 4歳上1000万 1200D 津村 明秀 13 13
阪神9R リュヌルージュ 忘れな草賞(OP) 2000T 福永 祐一 10 2
阪神11R デルニエオール 桜花賞(GI) 1600T 池添 謙一 13 13
福島10R ヤマニンリュウセイ 浄土平特別(500万) 2000T 丸山 元気 2 1

ドリームジャーニー産駒 出走馬

4/7
開催R 馬名 レース名 距離 騎手 人気 着順
中山10R ユニゾンデライト 湾岸S(1000万) 2200T 木幡 初也 8 9
4/8
開催R 馬名 レース名 距離 騎手 人気 着順
中山6R ミラクルブラッド 3歳500万 1800D 津村 明秀 2 12
中山9R ジョブックコメン デイジー賞(500万) 1800T 菱田 裕二 5 4
阪神3R ラベンデュラン 3歳未勝利 1800D 池添 謙一 9 9
阪神4R ショウザドリーム 3歳未勝利 1800T 富田 暁 16 9
阪神10R エスティタート 大阪―ハンブルクC(1600万) 1400T 横山 典弘 3 7
福島7R スカルダイヤモンド 3歳未勝利 1800T 森 裕太朗 8 6
福島9R プリンセスオーラ 4歳上500万 1200T 柴山 雄一 7 13
福島11R ルーレットクイーン 米沢特別(1000万) 1700D 吉田 隼人 9 2

オルフェーヴル産駒 出走馬

4/7
開催R 馬名 レース名 距離 騎手 人気 着順
中山1R アースグロウ 3歳未勝利 1200D 吉田 隼人 12 8
中山5R ゴールドパッキャオ 3歳未勝利 2000T 内田 博幸 6 2
中山6R マイネルミシシッピ 3歳未勝利 1800D 柴田 大知 3 3
阪神4R ディヴィナライン 3歳未勝利 1400T M. デムーロ 3 7
4/8
開催R 馬名 レース名 距離 騎手 人気 着順
中山4R ウィキッドアイズ 3歳未勝利 2000T 津村 明秀 5 12
中山4R キスオンザグリーン 3歳未勝利 2000T 北村 宏司 12 7
中山4R サヴォアフェール 3歳未勝利 2000T 酒井 学 14 13
中山4R ホウオウサマンサ 3歳未勝利 2000T 横山 和生 16 8
中山4R モカチョウサン 3歳未勝利 2000T 松岡 正海 10 10
中山4R レッドラフェスタ 3歳未勝利 2000T 田中 勝春 4 2
阪神4R インノータイム 3歳未勝利 1800T 武 豊 11 5
阪神4R プルンクザール 3歳未勝利 1800T 松若 風馬 10 2
阪神11R ラッキーライラック 桜花賞(GI) 1600T 石橋 脩 1 2
福島5R グランフルール 3歳未勝利 2000T 嶋田 純次 12 12
福島5R マルーンエンブレム 3歳未勝利 2000T 藤田 菜七子 5 1
福島5R ムーンライトクーラ 3歳未勝利 2000T 森 裕太朗 15 10
福島7R バイオスパーク 3歳未勝利 1800T 横山 武史 2 4
福島7R リヤンドール 3歳未勝利 1800T 中谷 雄太→黛弘人 12 14

レース後評

ラッキーライラックは惜しくも桜花賞制覇とはならなかった。最内枠から好スタートを切り、そのまま前目でレースの流れに乗り切り、何の不利もなくスムーズに直線も外から抜け出しをはかったが、大外からあっという間に差し切られてしまった。今日は十分に力を出し切ったとは思うが、何となくこれまでの破壊力じゃない気もした。オークスでの巻き返しに期待したい。
今週はマルーンエンブレムが初勝利をあげ(記事1)、マックファミリーはヤマニンリュウセイが3勝目をゲットした(記事2)が、他ではリュヌルージュの走りが目についた。陣営が長い距離にこだわって使ってきてるだけに、オークスでの走りが見たいが....見たいが....このハナ差2着は痛い。。

レース前短評

ラッキーライラックがまず1冠目制覇へ向けて、桜花賞へ出走する。最内枠に入ったが、ポジションを取れる馬だしマイナス面はないはず。「負けたら降ろされる」のプレッシャーの中、よく頑張っている鞍上とともに、まずは一つ目のクラシックタイトルをもぎとる。
オルフェーヴルの全妹デルニエオールは、オルフェーヴルの主戦だった池添騎手を背に桜の舞台へ。前走を見ても、現状はマイルがぎりぎりの印象だが、それだけにここに賭ける想いは強い。乾坤一擲の走りを期待したい。
[2018 04/08]

Top page 出走馬一覧 2018年の出走馬一覧