mejiro-mcqueen.com navigation button
Close

mejiro-mcqueen.comWish on the Turf

メジロマックイーン関連出走馬

[結果更新] 反撃の夏開催がはじまる。今週のメジロマックイーン・ファミリー出走馬[6/16, 17]


メジロマックイーン・ファミリー出走馬

6/16
開催R 馬名 レース名 距離 騎手 人気 着順
東京5R マトイ 2歳新馬 1400D 藤田 菜七子 7 9
東京10R デルニエオール 相模湖特別(500万) 1400T 戸崎 圭太 2 5
函館4R ウインタリエンテ 3歳未勝利 2000T 黛 弘人 9 11
函館8R スリーマグナム 3歳上500万 1200T 蛯名 正義 5 9
函館10R プティットクルール 駒ケ岳特別(500万) 2600T 藤岡 康太 8 12
6/17
開催R 馬名 レース名 距離 騎手 人気 着順
東京3R プロットデバイス 3歳未勝利 1600D 内田 博幸 10 9
東京12R リープフラウミルヒ 3歳上500万 1800T 柴田 大知 5 4
阪神9R モアニケアラ 箕面特別(1000万) 1200D 浜中 俊 7 8

ドリームジャーニー産駒 出走馬

6/16
開催R 馬名 レース名 距離 騎手 人気 着順
東京4R ニシノジャーニー 障害未勝利 3000D 北沢 伸也 12 11
阪神3R アモーレジョディー 3歳未勝利 1200D 岩崎 翼 9 13
函館8R ニシノアスカ 3歳上500万 1200T 横山 武史 10 14
6/17
開催R 馬名 レース名 距離 騎手 人気 着順
函館6R スカルダイヤモンド 3歳未勝利 1800T 横山 武史 6 6

オルフェーヴル産駒 出走馬

6/16
開催R 馬名 レース名 距離 騎手 人気 着順
東京2R ウィキッドアイズ 3歳未勝利 1600D 藤田 菜七子 3 7
東京6R フォルミダーブル 3歳未勝利 1800T 三浦 皇成 10 12
阪神2R ナリタカピリナ 3歳未勝利 1800D 岩崎 翼 6 5
函館1R ショーコーズ 3歳未勝利 1200T 横山 武史 6 12
函館4R スクープ 3歳未勝利 2000T 菱田 裕二 13 13
函館4R バイオスパーク 3歳未勝利 2000T 藤岡 佑介 1 2
函館9R ボードウォーク 3歳上500万 1700D 黛 弘人 4 3
6/17
開催R 馬名 レース名 距離 騎手 人気 着順
東京5R ホットスタンプ 2歳新馬 1600T 大野 拓弥 4 14
阪神1R キングポセイドン 3歳未勝利 1400D 浜中 俊 4 9
阪神1R トウシンカイザー 3歳未勝利 1400D 松山 弘平 3 13
阪神2R キラーチューン 3歳未勝利 1800D 川島 信二 15 2
阪神2R ダノンフォワード 3歳未勝利 1800D 岡田 祥嗣 4 1
阪神5R ゴットパシオン 2歳新馬 1600T 松山 弘平 5 5
阪神5R ショウリュウイクゾ 2歳新馬 1600T 浜中 俊 1 1
函館3R ヨツバヒメ 3歳未勝利 1200T 木幡 巧也 10 15
函館6R マイキャラット 3歳未勝利 1800T 木幡 巧也 8 2

レース後評

今週はオルフェーヴル産駒、ダノンフォワードと(記事、ショウリュウイクゾ(記事が勝利。
前者はこれが初ダートだったが、ものが違う勝ちっぷりで今後が楽しみ。
一方のショウリュウムーンは、2歳馬とは思えない強い気持ちを感じる勝ち方で、とても心強い。年齢は違うが、両馬ともに将来性豊かなのは言うまでもないだろう。
マックファミリーはもう一つの週末だったが、中でもデルニエオールとリープフラウミルヒはまずまずの競馬だった。
5着だったデルニエオールは、先行集団の内目から直線で馬場の真ん中を他馬と競り合いながらしっかりと走りきっていた。あとは馬体がもう一回り大きくなってくれるといいのだが......。
リープフラウミルヒはここ数戦と同じようにハナを切る競馬。直線に入って一旦引き離し、ゴールギリギリまで粘り込む良い内容だった。最後は交わされてしまったが、交わされた後もすぐ盛り返そうとするシーンもあったし、今後もこの競馬を続けていけば。

レース前短評

春はもう一つ乗り切れなかったデルニエオールが、自己条件からやり直す。桜花賞にまで駒を進めたが、やはりベストは1400ぐらいか。ここできっちり巻き返して夏競馬へ向かいたい。
プティットクルールは降級戦でチャンス到来。この血統はみんな函館の芝が合うし、ここは期待値が高い。
日曜日に出走するモアニケアラは中一週となるが、それだけ状態が良くなってきたということだろう。ここのところ完全に復調を伺わせているし、ここでそろそろ......。
行ききればやっぱりしぶといところを見せてくれたリープフラウミルヒ。思えばこの時期にデビューしてからもう1年だが、次の1年は今回よりももっと濃いものにできるはず。頑張ってほしい。
[2018 06/16]

Top page 出走馬一覧 2018年の出走馬一覧