mejiro-mcqueen.com navigation button
Close

mejiro-mcqueen.comWish on the Turf

メジロマックイーン関連ニュース

ロイヤルバローズ(オルフェーヴル産駒)が飛躍予感させる圧勝で2勝目


本日2019年5月4日の京都8R 4歳上500万 ダート1800m に出走したロイヤルバローズが、3番手の内から直線前が開くや解き放たれた矢のごとく抜け出し、5馬身差で圧勝しました。
ロイヤルバローズは父オルフェーヴル、母ゴッドフェニックスという血統の4歳牡馬。

わずか2戦しか走ることのできなかった昨年は力を発揮できませんでしたが、この日の走りは初勝利時に抱いた将来への希望を再び輝かせるに十分なモノ。
祖母は快速馬ロンドンブリッジ。
「ゆくゆくは芝でも」そんな期待をも抱かせてくれる素晴らしい競馬でした。

この勝利でロイヤルバローズは通産7戦2勝の戦績に。
オルフェーヴル産駒は今季28勝目で、通産105勝目となっています。
[オルフェーヴル産駒 勝利一覧]

浜中俊騎手
「返し馬からコントロールが利いていましたし、いい雰囲気でレースに臨めました。レースに行ってもリラックスして走れていましたし、その分、追ってからも弾けてくれました」
(競馬ブックより)

ロイヤルバローズ(オルフェーヴル産駒)が飛躍予感させる圧勝で2勝目

[2019 05/04]

この記事にでてくるお馬さんのプロフィール

Top page 記事一覧 2019年の記事一覧