mejiro-mcqueen.com navigation button
Close

mejiro-mcqueen.comWish on the Turf

メジロマックイーン関連ニュース

ショウナンナデシコ(オルフェーヴル産駒)がエンプレス杯を制して重賞初勝利


昨日2022年3月2日の川崎11R エンプレス杯(GII)ダート2100m に出走したショウナンナデシコが、少し立ち遅れ気味のスタートからすぐに巻き返して好位の内でレースを進めると、直線最内を抜け出し優勝しました。
ショウナンナデシコは父オルフェーヴル、母ショウナンマオという血統の5歳牝馬。

昨秋から充実一途でついに掴んだ重賞タイトル。
今日も直線は一度狭いところから切り返すロスがありながらの快勝で、この勢いを止められる者はいないといったところでしょうか。
まるでマルシュロレーヌの後を継ぐかの如く出世街道を歩み始めた、新しい女傑のこの先の進む路のりが楽しみで仕方ありません。

レース映像は南関東4競馬場|nankankeiba.com

ショウナンナデシコはデビュー19戦目での初重賞制覇で、通算19戦5勝の戦績に。
オルフェーヴル産駒は通算で32回目の重賞制覇(海外重賞2勝、地方交流重賞6勝、ジャンプレース重賞2勝)で、今季12勝目、通算404勝目となりました。
[オルフェーヴル産駒 勝利一覧]

[「2015 – 」 – メジロマックイーン クロニクル]

吉田隼人騎手
「1番人気だったので勝ててほっとしている気持ちです。二周するコースで、最初にポジションを取ったとき、ちょっと馬が行きたがる部分がありましたが、馬の後ろで我慢することを覚えてくれたので、1ハロン過ぎた後はリズムが取れました。逃げていた馬が強いのはわかっていたので、ぴったりついていこうと思っていました。最後は馬に助けられて、進路をこじ開けてくれました。我慢することを覚えてきて、終いに脚を使うことを覚えてくれています。力をつけてきていて、これからもっといい競馬ができると思いますので、応援してもらえたらと思います」
(ラジオNikkei より)

ショウナンナデシコ(オルフェーヴル産駒)がエンプレス杯を制して重賞初勝利

[2022 03/03]

この記事にでてくるお馬さんのプロフィール

Top page 記事一覧 2022年の記事一覧