mejiro-mcqueen.com navigation button
Close

mejiro-mcqueen.comWish on the Turf

メジロマックイーン関連出走馬

[結果更新] 淀の長距離戦はマック血脈の庭。二冠目指してエポカドーロが菊花賞へ。今週のメジロマックイーン・ファミリー出走馬[10/20, 21]


メジロマックイーン・ファミリー出走馬

10/20
開催R 馬名 レース名 距離 騎手 人気 着順
東京1R キングイモン 2歳未勝利 1400D 武藤 雅 8 5
東京4R セイカアミダイケ 2歳新馬 1600T 田中 勝春 12 8
東京4R ニシノポンパドール 2歳新馬 1600T 内田 博幸 15 12
京都8R プティットクルール 3歳上500万 2200T 田中 健 6 1
新潟1R アドマイヤツヨシ 障害未勝利 2850T 北沢 伸也 9 7
新潟6R リュミエールドール 3歳上500万 1800D 丸山 元気 1 4
10/21
開催R 馬名 レース名 距離 騎手 人気 着順
東京1R マトイ 2歳未勝利 1600D 武藤 雅 10 10
京都9R リュヌルージュ 北野特別(1000万) 2000T 福永 祐一 5 3

ドリームジャーニー産駒 出走馬

10/20
開催R 馬名 レース名 距離 騎手 人気 着順
東京1R ヴォルターウルフ 2歳未勝利 1400D 内田 博幸 5 7
東京3R ピュアヒカリ 2歳未勝利 1400T 大野 拓弥 3 4
10/21
開催R 馬名 レース名 距離 騎手 人気 着順
京都3R ウインパーチェ 2歳未勝利 1800T 高倉 稜 8 9
京都10R エスティタート 桂川S(1600万) 1200T J. モレイラ 3 1
新潟12R スカルダイヤモンド 十日町特別(500万) 1400T 黛 弘人 16 12

オルフェーヴル産駒 出走馬

10/20
開催R 馬名 レース名 距離 騎手 人気 着順
東京3R トシエ 2歳未勝利 1400T 内田 博幸 4 7
京都1R シーシャープ 2歳未勝利 1400D 幸 英明 2 11
京都1R トーセンアミ 2歳未勝利 1400D 岩田 康誠 1 2
京都3R アドマイヤビーナス 2歳未勝利 2000T 池添 謙一 3 4
京都3R ゴットパシオン 2歳未勝利 2000T 四位 洋文 出走取消
京都4R スペシャルワン 2歳新馬 1800D 太宰 啓介 4 7
新潟5R ジャスティン 2歳未勝利 1600T 川又 賢治 3 1
10/21
開催R 馬名 レース名 距離 騎手 人気 着順
東京2R エクリリストワール 2歳未勝利 2000T 横山 典弘 1 3
東京3R オーレア 2歳未勝利 1800T 丹内 祐次 8 9
京都2R ダンサーバローズ 2歳未勝利 1800D C. ルメール 1 1
京都5R エスポワール 2歳新馬 1800T M. デムーロ 3 3
京都5R タガノディアマンテ 2歳新馬 1800T 藤岡 康太 7 4
京都5R ナリタエストレジャ 2歳新馬 1800T 四位 洋文 13 12
京都11R エポカドーロ 菊花賞(GI) 3000T 戸崎 圭太 3 8
新潟10R バイオスパーク 浦佐特別(500万) 2000T 丸山 元気 3 2

レース後評

菊花賞に出走したエポカドーロは8着。スタートは決まったが先手を主張するような動きは見られず。結局それでレースが落ち着いてしまったのが良くなかったが、淡々とまわってきただけだった。もう少し自分でレースを作っていく競馬をするものだと思っていたが、鞍上はこの馬の力をそこまで信じていないように映った。
今週はファミリーではプティットクルールが勝利(記事1)。芝でもやれることが改めて証明され、今後が楽しみになってきた。
エポカドーロで失意のオルフェーヴルだが、2歳戦ではジャスティン(記事2)と、ダンサーバローズ(記事3)がともに圧勝で勝ち名乗りをあげた。この世代も順調に勝利が重なりはじめているし、本当に頼もしい。
ドリームジャーニー産駒ではエスティタートが久しぶりの勝利を手にした(記事4)。ここまでなかなか勝ちきれない馬だったが、勝つときは本当に鮮やかだ。引退までのカウントダウンは始まっているが、ビッグタイトルをつかみたい。

レース前短評

エポカドーロが菊花賞に出走する。前走の敗戦もあり相変わらず評価が高くないが、ここまで5着以下が1度もなく、皐月賞馬であり、ダービーも僅差の2着と実績は断然の馬だ。距離が伸びると言っても、東京の2400を逃げ粘るような馬にスタミナがないわけなく、普通に回ってくれば、普通に勝ち負けの競馬になるはず。期待したい。
秋華賞への出走叶わなかったリュヌルージュは、自己条件からの出直し。昇級初戦の前走も悪くない競馬で、この夏の成長を感じる。勝ってもう一つ上へと階段をあがりたい。
新馬戦ではニシノポンパドールが気になる存在。姉のルリエフも、勝てそうな雰囲気はあったし、この馬で母ホウヨウターニングに中央初勝利のプレゼントを届けたい。
土曜日にはリュミエールドールが新潟で出走。ピリッとした脚が使えないために、着は拾えるも勝ち負けまで届かない競馬が続いているが、このクラスでは上位の成績で、相手関係次第では勝ちきれるはず。そろそろ勝利が見たい。
[2018 10/21]

Top page 出走馬一覧 2018年の出走馬一覧